ページトップへ

暮らしやすい間取り | 静岡で注文住宅を建てるならエコフィールド株式会社

エコフィールド株式会社

家をみる

フォトギャラリー

暮らしやすい間取り

日々の生活をイメージしながら動線と収納の配置を考えます

「新しいお家での暮らし」をイメージすること。それが、暮らしやすい間取りを実現するための第一歩です。とかく最初に設定しがちな「家の広さ」や「必要な部屋の大きさ」、「部屋数」からいったん離れ、まずは暮らしのイメージを描きましょう。

 

暮らしをイメージする

住みよい家は、立地環境と切り離して考えることはできません。家を建てる敷地の形や方位、日当たり、通風、敷地周辺の環境などをきちんと理解したうえで、どうすれば気持ちよい空間を得られるかを考えながら家の配置や間取りを工夫することになります。

もう1つ大切なのは、その家での暮らし方。住む人によって生活スタイルはさまざまです。ほかの人にとっては住みやすい家が、あなたのご家族にとって良い家になるかどうかは分かりません。ですから家づくりではまず、ご家族の普段の行動パターンを思い起こして、これを間取りに反映させることが重要になります。

暮らしのイメージをつかんでいただくために、エコフィールドのフォトギャラリーお客様の声もぜひ参考にしてください。

 

暮らしをイメージする 暮らしをイメージする
生活スタイルにあわせた工夫
  • リビングやキッチンの考え方

子供たちが宿題をするかたわらでご主人が新聞を読む。家族が集まって過ごすことが多い家なら、大きなテーブルを中心に置いたリビングダイニングが向いています。料理がお得意の奥様が腕を振るい、お友達や親戚を招くことが多い家なら、ダイニングとオープンにつながったキッチンを用意するといいでしょう。休日はテレビを見ながらゆっくりするのがお好きなご主人なら、大型テレビを見やすいリビングの配置を考えます。

リビングやキッチンなど、家の写真集をみる

  • 和室の場所

主にお子様と遊ぶ場になるのなら、リビングの隣につなげて空間を一体化できるつくりがいいでしょう。将来ご両親と同居した場合の居室として利用するなら、玄関から直接行き来できる入り口を確保しておくと便利です。

和室がある家の施工事例をみる

忘れがちだけれども大切なのは、在宅時間の短い平日の過ごし方を思い描くことです。朝、起きてどこでスーツに着替えるか。顔を洗ってからどうするか。夜、帰宅した後はカギや鞄をどこに置き、どこで携帯を充電するか。

動きによっては、玄関横にウォークインクローゼットをつくり、そこでまず荷物を置いてから手を洗いにいく…という流れで間取りを考える方法もあります。

提案1


家事動線を快適に!
before after

玄関の横に、シューズクロークと食品庫を通ってキッチンに抜けるサブ動線を用意しました。
帰宅したらそのまま食品庫へ行くことができ、奥様に好評のプランです

 

もっと間取りをご覧になりたい方はesoraにお越しください。プラン集をご用意しています。

 

動線と収納の考え方

暮らしのイメージを間取りに落とし込む際、大きなポイントとなるのは家事動線です。洗濯であれば、「洗濯する→干す→たたむ→しまう→使う→洗濯する」という一連のサイクルをコンパクトに納めることが大切です。特に洗濯物を干す場所をどこに設けるかによって、日々の使い勝手は大きく左右されます。

もう1つのポイントは収納です。収納の基本は、しまうモノによってふさわしい場所を用意すること。例えば休日にご主人とお子様がよく野球で遊ぶなら、玄関にバットを置けるスペースをつくっておくと便利です。趣味の道具のしまい場所は、意外と忘れがちになるもの。しっかり確保しておきましょう。

動線と収納の考え方

提案2


片付く収納

片付く収納

ウォークインクローゼットを玄関と洗面所の間に配置しました。「帰宅してすぐ着替える」、「入浴時に脱いだ洗濯物を洗って干してしまう」動線がコンパクトにまとまります。玄関横には、アウトドアグッズなども入れられる物入を用意しました

もっと間取りをご覧になりたい方はesoraにお越しください。プラン集をご用意しています。

 

光と風を取り入れる

暮らしやすい家づくりをするためには、室内環境の心地良さも見逃せません。

近年は、夏涼しくて冬暖かい室内にするためエアコンに頼った家づくりが主流を占めています。でも、なかには「できるだけエアコンを避けたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。夏であれば、軒で日を遮り、窓を開けて自然の風を取り入れる。冬であれば、低い太陽の日差しを取り込んで建物を暖め、その輻射熱で家を温める。そんな家のつくりにしておけば、エアコンだけに頼る必要はありません。

エアコンいらずの家にするには、夏には風を、冬には日射を上手に取り込むことが大切です。富士市であれば南西の風が吹くことが多いという地域性を踏まえ、その風が通り抜けるように窓を配置する。エコフィールドが採用するエアパス工法なら、季節によって外壁内の通気を調節して適切な室内環境を生み出します。

夏涼しく、冬暖かい家

夏涼しく、冬暖かい家

夏涼しく、冬暖かい家

提案3


風と光を取り入れる坪庭
before after

和室と書斎の間に坪庭を差し入れました。和室に2方向からの採光をもたらすと同時に、LDKからの心地よい風を坪庭へ逃がします。坪庭によって階段ホールも明るくなり、書斎も2方向の採光と通風が可能になりました。和室からの趣のある眺めもポイントです

提案4


キッチンの向きを変えて窓を設ける
before after

右の間取りではキッチンの向きを変えて風の通り道をつくり、北側のやわらかい光を取り入れました。キッチンもアイランド型になって二方向の動線を確保して機能性がアップ

 もっと間取りをご覧になりたい方はesoraにお越しください。プラン集をご用意しています。

 

窓の選び方で居心地も変わる

外との出入りができる「掃き出し窓」、明かり取りの「ハイサイドライト」や夏の通風に効果的な「地窓」…。窓には、大きさや設置する場所によってそれぞれの役割があります。窓の選び方や配置は、室内の明るさや居心地の良さを左右する大きな要素なのです。

同じ大きさの窓でも、使い方によって部屋の雰囲気は変わります。30センチ×180センチの細長い窓で考えてみましょう。この窓を高い位置に横長に付けると、室内には均一な光が入ってきます。縦長に設置すると局所的に明るくなり、室内にアクセントがつきます。場所ごとにどのような光が欲しいのかを考えて窓の大きさや向きを工夫すると、部屋のイメージや使い勝手は向上します。

局所的に光が入ってくる

局所的に光が入ってくる

均一に光が入ってくる

均一に光が入ってくる

住まいの現場見学会やesoraにお越し頂ければ、ご覧頂けます。

もっと詳しく知りたい方にお勧め!