ページトップへ

耐震リフォームの流れ | 静岡で注文住宅を建てるならエコフィールド株式会社

エコフィールド株式会社

耐震リフォームの流れ

リフォーム
リノベーション

耐震リフォームの流れ

こちらでは、簡単に耐震リフォームの流れをご覧いただけます。昭和56年(1981年)に耐震基準が強化されて新耐震基準が施行されたため、昭和56年5月の前後で、耐震診断の流れが異なります。お住まいの住宅の建築年月をご確認のうえ、以下の流れをご参照ください。

  リフォームの流れ

昭和56年5月以前に建築

1.耐震診断(現地調査)

市町が派遣する専門家による無料診断(簡易診断)を行います。

耐震診断(現地調査)


2.診断結果提出

市町が派遣した専門家の診断結果より、現状の把握と検討を行います。

※お客様のご希望により、再度当社の診断士による診断も可能です。


3.補強計画

補強計画案を作成し、提出いたします。

補強計画に対する補助金があります。詳細はお尋ねください。


4.補強工事見積り

補強計画に基づき、見積り書を作成します。


5.補強・リフォーム工事

適切な補強工事とともに、お客様のニーズに合わせて、安心・安全な健康住宅をご提供いたします。

補強・リフォーム工事


6.完成引渡し

ついに完成です。完成後、再診断することで、補強効果も分かります。

 

昭和56年5月以降に建築

1.耐震診断(現地調査)

当社診断士による診断を行います。

動的耐震測定&診断で、より正確な耐震性の測定を行います。


2.診断結果提出

診断結果により、現状の把握と検討を行います。

診断結果提出


3.補強計画

補強計画案を作成し、提出いたします。

補強計画


4.補強工事見積り

補強計画に基づき、見積り書を作成します。


5.補強・リフォーム工事

適切な補強工事とともに、お客様のニーズに合わせて、安心・安全な健康住宅をご提供いたします。

補強・リフォーム工事


6.完成引渡し

ついに完成です。完成後、再診断することで、補強効果も分かります。