ページトップへ

リノベーションのメリット | 静岡で注文住宅を建てるならエコフィールド株式会社

エコフィールド株式会社

リノベーションのメリット

リフォーム
リノベーション

リノベーションのメリット

低い予算で望みのお家を入手できる 耐震性、環境性能のグレードアップも

トイレや浴室などの部分改修をリフォームと呼ぶのに対し、家をまるごと改修し、新築の家のように生まれ変わらせるのがリノベーションです。壁材や天井材をいったんはがして骨組み状にしてから工事したり、間取りや配管を変えたりします。新築とはまたひと味違う、リノベーションの良さや注意点を挙げましょう。

工費工期を圧縮し、愛着も残せる

リノベーションのメリットの1つは、予算を圧縮できること。大掛かりなリノベーションでも、費用は建て替えにかかる費用の3分の2と言われています。

建て替えの場合、家を解体する費用がかかるほか、工事中は仮住まいに引っ越さなければなりません。リノベーションなら住みながら工事することも可能で、新築に比べて工期も短くて済みます。もちろん、耐震化をはかることで地震に対する不安を除けますし、断熱性能や仕上げなどは新築と同様の仕様にできます。愛着をもった部分や思いを残したまま、住まいを一新できるのも嬉しいものです。

実は、もう1つ忘れてはいけないのが、敷地の条件によってはそもそも建て替えが難しいケースがあることです。以前の家を建てた後に法規が変わり、今の法規を満たさなくなってしまった家の場合、建て替え工事をするなら現在の法規に沿うように新築する必要が出てきます。今より小さな家しか建てられないことも珍しくありません。さらに厳しい条件では、家を建てることすらできない場合もあるのです。特に都市部では要注意。でも、リノベーションなら、現状の面積を維持したまま手を加えられます。

リノベーションのメリット

低コスト   工期が短い   愛着のある部分を残せる

また、中古住宅を購入し、リノベーションするという選択肢もあります。内装・外装は新築同様の仕上がり、そして現在の建築基準法に適合する耐震補強を行います。お引越しをしなくても居住しながら施工できるのもリノベーションのメリットです。費用は最大でも新築の3分の2程度で理想のお住まいへ生まれ変わります。

O様邸のリノベーション

beforebefore

 

afterafter

  家をまるごと改修し、新築の家のように生まれ変わらせる

耐震改修も忘れずに

リノベーションでは、気をつけなければいけないこともあります。それが、耐震性の確保です。

調査によって、既存の家の柱が腐朽している、土台にシロアリが食っているといった状況が判明することもあります。こうした部分は、新しい部材に取り替えておく工事が必要です。また古い家では、窓が多いなど地震に抵抗する壁が少なめで、耐震性も低くなっている建物が少なくありません。そんな建物では、筋かいや構造用合板で壁を補強し、バランス良く地震に対抗する家へとつくり替える必要があります。

建物の耐震性を向上させるには、しっかりしたノウハウをもつ技術者が診断し、適切な補強計画を立てることが大切です。その点、エコフィールドは県の認定する認定診断士に登録した技術者を抱え、新築も手がける工務店として地元の皆様から信頼を頂いています。

 

耐震改修も忘れずに

耐震改修の進め方
  • 無料診断

エコフィールドは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)に加盟しています。木耐協の配布するチラシをご覧になったお客様からお問い合わせや診断の希望が届くと、当社の担当者がお客様に直接ご連絡して耐震診断を実施。その結果をご報告します。ここまでは無料サービスです。

  • 補強計画

耐震診断の結果、補強計画をお望みのお客様については実費をいただいて計画を立て、見積もりをご提出します。気になる工事費用は、耐震改修だけなら、200万円程度あればたいてい大丈夫です。ただし耐震改修は壁などをはがす工事を伴うため、合わせて水回りやその他の部屋のリフォームを実施すると経済的です。

環境性能アップ

リノベーションでは、「木の質感がほしい」「省エネ化を図りたい」といったエコ志向のご要望にもこたえられます。

マンションのリノベーションでは、自然素材を用いた改装が中心になります。エアパスの「木ごころリフォーム」という仕組みを利用すれば、国産の良質な床材も入手できます。シックハウス対策の工事なら、事前に自然の木を抱いていただいて大丈夫かどうかを確認するなど、きめ細かな対応を行います。

戸建ての場合、こうした自然素材の利用のほか、建物外壁まわりの断熱性能を高めて省エネルギー化を図る工事も可能です。リノベーションの坪単価は20万円から25万円程度が中心になりますが、その場合、どの程度外壁に手を加えるか、断熱処理の方法をどうするかによって工事の坪単価は変わります。事前にきちんとした建物調査を行い、現在の家の状態を正確に把握したうえで計画を立ててもらうと、工務店の提出する見積もりの精度は上がり、設計や工事も合理的に進められます。

  環境性能のアップも

参考になるリノベーション事例はこちら

小さなリフォームはこちら

リノベーションに関するご相談はこちら