ページトップへ

エアパス工法 | 静岡で注文住宅を建てるならエコフィールド株式会社

エコフィールド株式会社

エアパス工法

エコフィールドの
家づくり

エアパス工法

地球にやさしい エアパス工法とは?

「環境住宅の救世主、エアパスの家」

エアパス工法の家とは、太陽、風、地熱など、自然の力を最大限に生かす家。

日本の気候風土に育まれてきた、木造軸組工法を基本に、"断熱型壁体内通気工法"と"パッシブソーラーハウス"を組み合わせてつくられた環境住宅です。設備機械に頼らず、建物のつくりそのもので、自然エネルギーを活用します。

高温多湿の日本。エアパス工法は住宅の大敵、湿気も防ぐため、住む人の健康や住まいの耐久性にも大きく貢献する頼もしい工法なのです。

冬暖かく、夏涼しい
夏冬可変型で心地いい

夏

太陽光線により温められた外側空気層の空気は、上昇し室内に入ることなく排出されます。その上昇気流により、床下の涼しい空気が家全体に引き上げられることで、家の中にいながらにして、木陰のような涼しさを満喫できます。

 

冬

太陽光線を受けた面の外側空気層の空気が温まり、上昇することで室内に入ってきます。温められた空気は全体に行きわたり、家の中をまんべんなく温めます。

 

地球に優しいエアパス工法とは? 

 

高断熱・高気密の弊害をエアパス工法で解消

「とにかく冬温かい家」という家づくりが主流の現代。これにより住宅の断熱・気密性は格段に高まってきました。しかし反面、夏は熱がこもり、結露など湿気に弱い家が出来上がってしまいました。気密と断熱を高めれば冬温かく、夏涼しいと言われていますが、クーラーを使用する例がほとんどであり、実際の効果に関しては疑問を持たずにいられません。

冬温かく、夏涼しい家…この両立は大変難しいことでありますが、エアパス工法では床下換気口と小屋裏換気口をつくることで解決しました。さらに、屋根・壁に外断熱を施して二重の通気層をつくり、床下から小屋裏への"風の道"をつくること湿気がこもりません。流れる空気に木材を触れさせる事で、結露の発生を未然に防ぐことが可能なのです。

「高断熱・高気密住宅」と「エアパス工法の家」の違い

高断熱・高気密

自然に対して閉鎖的 ⇒情緒不安定、イライラ、不安

室内に断熱材をつめる ⇒壁内結露、湿気に弱い、腐る

壁の中の断熱(内張り)

冬型の家 ⇒夏は暑い
過度な気密性 ⇒化学物質や有害物質が室内にこもる
計画換気(機械)に頼る
 

エアパスの家

パッシブソーラーハウス

自然を積極的に取り入れる
自然を活用する

外張り断熱(MDF外張り) ⇒壁内に通気が確保できる
建てた後、木材(柱、梁、土台)が流れる空気にふれるので腐らない

外断熱(外張り)

可変型=衣替えができる家 ⇒夏型と冬型を変えることで、冷暖房に極力頼らないで生活できる
高断熱、中気密 ⇒さらに化学建材を極力使用しない
室内換気は機械に頼らない(自然換気)

 

環境問題にも貢献
CO2の削減効果

エネルギー危機や地球環境問題がクローズアップされて以来、ソーラーシステム(太陽熱利用設備)が脚光を浴びるようになりました。これらの多くは太陽熱集熱器を用いたアクティブソーラー方式ですが、エアパス工法では、これらのような機械や動力を使わずに太陽熱を利用する自然型の方式を採用。さらに空気の流れを利用し冷暖房の使用を極力抑えた、365日の快適生活が実現します。

また、注目したいのが"CO2削減効果"

住宅も車や家電製品と同じように、作る時、使う時、そして捨てる時にエネルギーが使われ、そこからCO2が排出されます。省エネルギー効果のあるとされている高気密・高断熱の住宅と比較して、その効果はどうなのでしょうか?

そこで、家を建ててから、人が生活し、解体されるまでのCO2排出量(ライフサイクルCO2 以下、LCCO2)を、エアパス工法の家と高気密・高断熱の住宅とで比較してみました。

 

環境問題にも貢献 CO2の削減効果

LCCO2消費量比較  

東京に住む4人家族が30年間暮らすと仮定し、平成11年に改正告示された省エネルギー基準仕様で建てられた高気密・高断熱の住宅と比較をしたところ、LCCO2の総排出量でエアパス工法の家の方が18パーセントも少ないということが分かりました。

住宅は一度建てれば何十年も住まわれ、その間も環境に影響を与え続けます。国産材の使用や自然エネルギーを有効活用したエアパス工法は、これからの地球環境に適した家づくりの一つの形ということが言えるでしょう。

 

まだまmだあります!
エアパスの家 5つの効果
  • 1.床が冷えずに、自然の温かさ

一般の家はいくら暖房しても、床面の温度が低いため、なかなか温まりません。

エアパス工法は、床、壁、天井の表面温度を均一に高めるため、少ない暖房でも効率よく温めることができます。

  床が冷えずに、自然の温かさ

  • 2.家中どこでも、温度差がなくて快適

エアパスの家は、壁体内を暖かな空気が循環するため、使っていない部屋や北側の水回りでも温度差がなく、家中がほぼ一定の温度になります。

  家中どこでも、温度差がなくて快適

  • 3.機械設備を使わないので、故障もなく安心

屋根に取り付けるコレクターパネルなどの機械設備に頼らず、建物のつくりそのもので太陽熱を受け入れ、排出する、本来のパッシブソーラーハウスがエアパス工法です。

  機械設備を使わないので、故障もなく安心

  • 4.国産の無垢材の心地よさ

国産の無垢材には湿気を吸収し、フィトンチッドの効果で住む人にやすらぎを与えます。また、日本の気候や風土にあった性質を持ち、使い込むほどに美しい艶と味わいが深まるのも魅力です。

  国産の無垢材の心地よさ

  • 5.日本の森を守ります

国産の材木を使うことで、輸入材におされ衰退傾向にある日本の林業を守ります。継続的に山林が管理されることで地域の活性化を促し、山林の荒廃を阻止します。日本の山林を守ることは、日本の未来を守ることでもあるのです。

  日本の森を守ります

 

写真集で見る
お客様の声を見る 建築現場の様子を見る



さらに詳しく知りたい方は、“エアパスの家”ホームページをご覧下さいエアパスの家

エアパス工法

エアパス工法