ページトップへ

アウトドアを楽しむ暮らし! | 静岡で注文住宅を建てるならエコフィールド株式会社

エコフィールド株式会社

暮らしの楽しみ方

エコフィールドの
家づくり

暮らしの楽しみ方

アウトドアを楽しむ暮らし!

エコフィールドは自然の力を借りながら無理せず素直にアウトドアを楽しむ暮らしをご提案します。

1.素敵な庭のある暮らしをご提案します。

家づくりの中で庭というと建物のおまけのように考えられてしまいがちです。

しかし、賢く自然の力を生かした家づくりを実現しようとした場合、お庭は単なる家のおまけとは異なった意味を持ってきます。

例えば、南側に落葉樹を植えてあげれば夏には強い日差しを遮りながら、木陰で冷やされた空気が家の中に運ばれてきます。逆に冬になれば自然と葉っぱが落ち、大きくとった開口部から暖かい日光が家の中を暖めてくれます。

また、キッチンの傍に菜園をつくってあげれば、自分で育てた野菜をそのまま食べるなんて贅沢もできてしまいます。

つまり、家と庭とは別で考えるものではなく、1つの暮らしとして考える必要があるとエコフィールドは考えています。

エコフィールドは家と一緒に庭も自社で設計施工しています。

あなたの暮らしに合った素敵な庭を考えてみませんか?

2.あい間を楽しむ暮らしをご提案します。

家には中と外、その2つしかないと思っていませんか?

エコフィールドのつくる家にはもう一つの特別な場所があります。

こだわりのいっぱい詰まったお部屋と、自分らしく設えられた庭とを繋ぐ場所、エコフィールドが提案する中と外の曖昧な場所、それが「あい間」です。

それは、目いっぱいに開けた全開口サッシとそこから続くウッドデッキ、心地良く雨や風を遮ってくれる下屋、昔から縁側などと呼ばれ四季の変化に富んだの日本の暮らしの知恵として受け継がれてきたものでもあります。

エコフィールドではその知恵を活かしつつ、現代のエッセンスを加え、より生活の中で活かすことのできる空間としてこの「あい間」を積極的に取り入れるようにしています。

我々の提案の甲斐もあり、現在では新築のお客様の86%がウッドデッキを設置し、「あい間」暮らしを楽しんでいます。

あい間のある暮らしの事例はこちら⇒

 

3.火を楽しむ暮らしをご提案します。

囲炉裏をはじめとする火のある暮らしは衣食住に渡り、生活に欠かせないものとして遠い昔から日本でも営まれてきました。

現代では薪ストーブや暖炉、ペレットストーブ等安全性の高い火の道具が製造され使われています。

現代ではエアコン等便利な道具は数多くありますが、直火の暖かさというのは格別のものがあります。

薪ストーブの最大の特徴は、遠赤外線(※)による輻射熱で家中・部屋中を暖めることができること。そして、日光浴をしているように、体の芯から優しくじんわり暖まることです。この暖かさはエアコン等の対流式の暖房器具では実現できないものです。

他にも薪ストーブにはこんなメリットがあります!

・ 家の中で焚き火をする楽しみができる。炎を見ているだけで心が癒される。

・ 家族が自然に薪ストーブの周りに集まる。

・ 遠赤外線で美味しい料理が楽しめる。

・ 薪は再生可能な循環エネルギー。石油と違って枯渇しない。森を活性化し、地球温暖化の抑制になる。

・ 部屋干しの洗濯物がすぐ乾く。

・ 人生が何倍にも豊かに感じる。etc・・・

しかし、薪ストーブにもデメリットはあります。

当然のことですが、薪ストーブは、スイッチひとつで一定温度にすぐ暖めてくれる石油・ガス・電気ストーブとは違い、あれこれ手間のかかる道具です。

木を集めて、割って、乾かす、という薪の準備に始まり、焚き付け~火を育てて部屋が暖まるまで、どうしても「時間」と「手間」はかかります。

しかし、そこにこそ効率重視の現代の暮らしを自分の手で楽しむ魅力がある、とエコフィールドは考えています。

エコフィールドでは薪ストーブを設置して頂いたお客様を対象に「薪ストーブ友の会」をつくり、一緒に薪づくりのお手伝いもしています。

エコフィールドと一緒に「火を楽しむ暮らし」始めてみませんか?

 

もっと詳しく知りたい方にお勧め!